「二月の勝者」3話の感想とネタバレ(前田花恋)

目次

土曜ドラマ「二月の勝者」第3話のネタバレ、感想です!第3話は、前田花恋の回でした!

2話までの感想の記事はこちらです!

前田花恋がルトワックの体験入塾へ

桜花(おうか)成績ナンバー2の前田花恋は、新人講師の佐倉先生がマンツーマン指導をしていたシーンを目撃して桜花がいやになります。桜花ではトップを張れるけど、もっと刺激的な問題や競争がしたい思いで、ライバル校のルトワックの体験入塾をしました。それを聞いた黒木先生は、「ほうっておきましょう」と桜花の先生方を驚かせます。

桜花で花恋と仲良くしている女の子2人も不満爆発。

花恋の両親はともに医者で、お父さまは単身赴任。母親が忙しい中、中学受験の花恋をみています。親としては模範的な「子供の意見を尊重する」親です。

ルトワックは、トップのSクラスがS1からS3の3クラスあって、花恋さんはすぐにSクラスに入れます、と太鼓判を押され、目を輝かせます。

ところが、Sクラスはレベルが高すぎて、花恋がクラスの最低点を取ってしまいます。質問に行っても、講師に「誰だっけ?」と言われ、自習をしていたら、「そこ、いつも私が座る席」と言われ、居場所を失います。

花恋が自傷行為、佐倉が見つけて黒木のナイスフォロー

ルトワックでなかなか思うようにいかない花恋は追い詰められ、成績が伸びない焦りから夜25時になっても勉強。そこで、ストレスから、シャーペンで自分の足に傷を付ける自傷行為を始めてしまいます。母親も心配します。

学校でも、花恋は成績が良いことを自慢して、クラスからは孤立していました。桜花の塾では、女王様で仲間もいてトップでいられますが、学校をさぼって昼間に公園で一人ぼっちでいるところを佐倉先生に見つかります。自傷行為も見つけた佐倉先生。

黒木先生が、花恋に接し、甘酒を渡します。甘酒は疲れにいいと。そこで、「花恋は女王様なんだから、いつでも花恋の席をあけて待っている」と伝えます。

桜花に戻った花恋は、再び生き生きとした

ルトワックで傷ついた花恋ですが、再び桜花に戻ります。仲良くしている友達も戻ったことを喜びました。花恋「ルトワックは大したことなかった」と花恋節が炸裂!成績トップを奪って、自分の居場所を取り戻しました。

花恋には、女王様でいられて「褒められて育つ場所が合っている」ということに尽きます。そこを周りがわかっていても本人が納得しないといけない部分があって、今回花恋が身をもって経験して、自分の生きる道を再確認しました。

「二月の勝者」3話の感想

花恋の転塾騒動からの元さやの回でした。感想は「良かった良かった」です。プライドが高くて、実力もある人にわからせるには、本人が納得しないと難しいのかも。失敗してみて、やっぱり自分に合わないと自分で悟ったからこそ、自分が一番輝く場所に戻ってこれます。黒木先生は、そういうことも全部わかっていて「ほうっておきましょう」と言いつつ、絶妙なタイミングでフォローして戻しました!見事です!

こういうことって、けっこうあると思うんです。中学受験の転塾タイミングは、学年が変わる3月がラストチャンスであったとのこと。やり直しがきく時期で良かったと思います。

子どもの意見を尊重して、子どもがやりたいように、まずはさせてみる親心も大いに参考になりました。今後、子どもが受験を迎えたときの親としての子どもへの接し方という視点でこのドラマを観てもためになりそうです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする