林修先生の初耳学で森岡毅さんが凄かった!

目次

2022年5月29日(日)22時放送の「日曜日の初耳学」(MBS毎日放送)に登場された、森岡毅さんのお話のまとめ記事です。森岡毅さんの経歴など詳しくは省略(ウィキペディアはこちら)しますが、USJをV字回復させたり、多くの企業再生の立役者である凄い方です。

この記事を読むことで、

就活生・社会人・子を持つ親
どんな人の人生にも役立つ気づきが得られ

自分のキャリアの変数(自分でコントロールできる)を知り
人生がうまくいくための具体的な方法を知ることができます

動画はTVerでどうぞ!この記事は、動画を書き起こして、編集したものになります。

林修先生の初耳学で森岡毅さんが凄かった!

この出演で、森岡毅さんが悩める若者を前にして一番伝えたかったことは、

キャリアの変数(コントロールできる)って何だろう?

でした。自分でコントロールできる部分(変数)で努力をすることで人生が好転する、そこを伝えたかったそうです。

1.自分の特徴理解
2.環境選択
3.特徴を磨く努力
自分の特徴を知り、特徴が活きる環境を選び、そして縦に積んでいく

これが結論でした。この3つができれば、人生が仕事が生活が上手くいきます。

久代アナの質問「進むべき道は…バラエティ?報道?」

失敗してもいい
とにかく前向きにやってみる
それが大切な経験に変わる

雑談を交えながらこうした話をされる中で、授業に呼ばれた6人の若者を前に、若者の質問に答える形で話が進んでいきました。

10年局アナからフリーになった久代アナの質問は、「なりたい自分」と「なれる自分」の葛藤についてでした。

森岡毅さんは、自分の特徴を自分で認められないことに人は悩みます、と語りました。

森岡さんも、「人が何を感じているのか」を感じ取る能力、言葉以外を読み解く能力が偏差値30くらいしかないと嘆いた時期がありました。マーケティングの仕事をしながら、ファッション誌を読もうとして、詳しい人に読み方を尋ねると、「ファッション誌は読むんじゃなくて感じるもの」と言われるも、何も感じなかった森岡さん。

自分のないものを頑張ってもうまくいかないので、「自分の得意なところで勝負する」

森岡さんの得意は、「数学的な分析
すべてのコメントを「数値化」して確率計算して勝ちそうなものを選ぶ手法
自分の土俵にマーケティングを引っ張り込んだ

苦手なセンスで戦わず、強みの数学を活かした

成功している人はその人の特徴がハマってる
例外はなく、どの分野みてもそう

最も必要なロールモデルは
自分の特徴に似た人がどう成功したのか
その人の特徴が活きる環境を選択できて
特徴が芽が出て花が咲いた

森岡流「自分の特徴を知る方法」とは?

大学4年女子(4社内定就活生)の悩み「業界がバラバラで、どの業界に進むべきか選べない」

この質問については、2つ伝えたいと森岡さん

1.正解はたくさんある

大吉を一本釣りを狙うのでなく、たくさんある「吉」「小吉」「中吉」を引けばいい
大吉にするのは入った後の自分自身
失敗の選択肢とは…自分の合っていない職能にハマる事

2.会社を選ぶのでなくて自分の特徴に合致した職能を選ぶ

営業職、マーケティング、経理、商品開発など職種をまず考えることが大事

1.職能をどういう方向に進めるか
2.職能を磨ける場所としてどこが適切か

自分の強みが分からない人はどうすればいいか?⇒自分の特徴・適性が分かる方法

自分の強みを知るには動詞で物事を考える
動詞の中に特徴・強みのヒントが隠れている⇒TCLに分ける

例)・人と話をする(動詞)のが好き
  ・漫画(名詞)を見るのが好き⇒コンテンツを見て想像力をかきたてられる(動詞)のが好き
  ・サッカー(名詞)が好き⇒サッカーの作戦を考える(動詞)のが好き

これを最低50個、できれば100個書き出す⇒ポストイットに書き出してペタペタペタペタ

TCLとは?

T(考える力)シンキング
戦略家…ファイナンス、コンサルタント、研究職、マーケティング
C(伝える力)コミュニケーション
人と繋がる力…営業職全般、プロヂューサー、広報
L(人を動かす力)リーダーシップ
変化を起こす力、人を動かす力…経営者、管理職、プロジェクトマネージャー

動詞で考えた好きを3つに分類して、自己分析(長所、短所のあぶり出し)してみます。

この方法で職能を選べば、「中吉以上」は引けると森岡さん。
ポイントは、弱点が重要な職能は避ける(話すのが苦手な人が営業職など)ことです。
ただ、色んな人がいて社会は成り立っていく

就活は業界、会社で選ばず、自分の特徴が強みになる職種を選ぶことが大事

目的志向「自分の仕事の目的の中で一番重要なこと、重心」をつかむ

数学的に言うと、3つの点が決まると、必ず重心が存在する。その核心部分をおさえることが大事。

USJ再生の際、38個の問題点があり、一発で解決する重心「集客」の低迷と判断。

緻密な情報収集と闇雲に探さず、重心を捕らえる姿勢で臨んだ。

大好きなファンが何を好きか
スマホにハマる人の本能
コンテンツを徹底的にやりこむ
マニアと行動を共にする(スマホゲームに400万円課金してみた体験)

冒険テーマパーク「ネスタリゾート神戸」の再生では、漁師に弟子入りし、大自然を活かした人気アトラクションを生み出した


ただ、1人で全部に興味を持てないので領域を分担する
1つ2つ得意な領域を作ればいい

自分の特徴として
生まれつき or 経験的に
自分が好きだと思える領域の上に作っていく

キャリアの変数(コントロールできる)で努力していく

変数で努力すると上手くいく
1.自分の特徴の理解 2.環境の選択 3.特徴を磨く努力
自分の特徴を知り、特徴が活きる環境を選ぶ、そして縦に積んでいく

林修先生の初耳学、森岡毅さんの話の感想

個人的な感想ですが、素晴らしいお話でした。どの世代の人にも響くお話でした。森岡さんの話が響くのは、ご自身が自分の得意分野を伸ばす方法で、凄まじい努力を重ねて、成功されているからだと思います。

本も沢山出されています。放送後に、地区の図書館で森岡さんの本を探しましたが、借りられていました。

森岡毅さんの著書

  • 『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』(2014年、KADOKAWA/角川書店
  • 『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』(2016年、KADOKAWA/角川書店) 
  • 『確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力』(2016年、KADOKAWA/角川書店)
  • 『マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド』(2018年、日経BP
  • 『苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」』(2019年、ダイヤモンド社
  • 『誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命』(2020年、日経BP

どれか1つでも読んでみたくなりました。

今回の出演は前編だそうです。また、後編があるようですので、楽しみに待ちたいと思います。6/12、後編でした。後編の記事がこちらです。

今までの名言などの記事がこちらです!ぜひ、併せてどうぞ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする