自己研鑽とは?自己研鑽の使い方や自己啓発との違い

目次

こちらのブログは、「自己研鑽のヒント」というブログタイトルで、まさに「じこけんさん」を扱わせていただいております。

今回は、

「自己研鑽とは?」
「類語、自己啓発との違い」
「自己研鑽の使い方、例文」

などをご紹介してみたいと思います。

この記事により、自己研鑽の定義を知り、例文に触れることで「自己研鑽」に関して理解を深めることができます。

信頼できる辞書で調べた情報であり、信頼性は◎です。

自己研鑽とは?

「自己研鑽」の読み方は「じこけんさん」です。

けんさん【研鑽】 とは

学問などを深く究めること。(例文)「日夜(にちや)研鑽を積む」「自ら研鑽して習得する」(goo辞書

「研」「物事の道理を調べる、究(きわ)める」
「鑽」「物事を深く究める」

この二つが組み合わさって「研鑽」です。

【自己研鑽】とは

「自己研鑽」の意味は「自身を鍛えること」自分のスキルや能力などを鍛えて磨きをかけること。(weblio辞書

漢字では「自己研鑚」とも表します。

「自己研鑽」の類語は「自己啓発」


「自己研鑽」と似た意味の言葉に、「自己啓発(じこけいはつ)」があります。


「自己啓発」とは

本人の意思で、自分自身の能力向上や精神的な成長を目指すこと。そのための訓練。(weblio辞書


「自己研鑽」と「自己啓発」は「自身の意思で技術・知識の向上を図る」という意味で共通しています。

「自己啓発」の例文

  • 自己啓発本を読むだけではなく、具体的に行動することが大切だ。
  • 精神面での成長のため、自己啓発を図る。

「自己啓発」は「精神的な成長」を含む


スキルアップをするという点で意味が同じ「自己研鑽」と「自己啓発」ですが、「自己啓発」の方には「精神的な成長」も含まれます


また、「自己啓発」の方は「自己研鑽」のように資格取得、語学力の向上といったの具体的な目標ではなく、「生きがい」や「モチベーション」をテーマとすることが多いという点もこれらの違いです。

また、「自己研鑽」の目的は「自身のスキルや能力を向上させること」で、その目的を達成させるための手段が「学習や鍛錬」です。

一方「自己啓発」の目的は「精神的な成長を目指すこと」で、そのための手段が「自身のスキルや能力を向上させること」です。

このサイトで「自己研鑽」を用いているのは「資格」や「語学力」などの具体的な目標へのステップアップをテーマにしている意味があります。

「自己研鑽」の例文

  • キャリアアップをするため、日々勉強して自己研鑽に努める。
  • 仕事で良いパフォーマンスができるように、日々自己研鑽を怠らない。
  • これからも更に上を目指し、自己研鑽に努める所存です。

例文を見てもお分かりのとおり、自己研鑽はビジネスで使うのに適した言葉です。

転職活動や就職面接などで、「自己研鑽に努めています」などと使ってもいいでしょう。

使い方としては、「自己研鑽を積む」「自己研鑽を重ねる」「自己研鑽を怠らない」「自己研鑽に努める所存」といった使い方です。採用試験用の履歴書に書いてみてもいいでしょう。

まとめ

「自己研鑽」に努めることで、「自己啓発」につながっていきます。スキルを向上させる「自己研鑽」が、精神的な成長も含む「自己啓発」へつながっていきます。

それぞれの使い方の例文もお示ししてみました。

読書、筋トレ、資格取得への勉強、セミナーへの参加など自己研鑽の機会は、意識して作り出せます。

このブログが、あなたの生活の何かのヒントになれたらこの上ない喜びです!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする