MENU
本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
このコンテンツには広告を含む場合があります。

パソコンで小さい「つ」の打ち方は?初心者にも分かりやすい方法3選

目次


Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

パソコンの文字入力で、小さい「つ」の打ち方に迷った方はおられませんか?
おそらく、このページにたどり着いた方は、ちょっと迷ったことがある方だと思います。
この記事を読むことで、その迷い、悩みが解決できます。

文字入力へのヒントとなりますので、ご覧いただけらば幸いです。ここでは、ローマ字入力を基本としています。

小さい「つ」の打ち方3選です

小さい「つ」の打ち方①

「つ」を単独で「TU」と入力したら


変換で、画像のように、全角の「つ」のほかに小文字の「っ」も出てきます。
これを選ぶことで入力が可能です。
この場合は、カタカナでも変換で出てきますので、選ぶだけでOKです。

小さい「つ」の打ち方②

「X」か「L」を「つ」の前に付けます。

「XTU」もしくは「LTU」で「っ」「ッ」が返せます。

前に付けるものは「X」か「L」を覚えておくだけで有効です。

「X」「L」を前に付けるのは応用できます

小さい「あ」⇒「ぁ」とか小さい「い」⇒「ぃ」
小さい「ゆ」⇒「ゅ」

についても、この

前に「X」か「L」を付ければ、小さい文字になる

という法則が活きます!

例えば、「ビュッフェ」をローマ字で打ちたいときは

「ビュッフェ」という単語をローマ字入力したいとき、小さいユも小さいツも小さいエもあり、なかなかに難問です。

正解はいろいろありますが、ローマ字で打つ場合は

「BYUTTU」で「ビュッツ」と入力して、「ツ」を消して「ビュッ」にして
「FE」もしくは、「FUXE」で「フェ」とすればいかがでしょうか。

「フェ」が「FE」だけでできてしまうのは、少し応用ですが
「X」か「L」を頭に付けたらいい理論でいくと、「E(え)」に「X」か「L」を付けることで解決です。

小さい「つ」の打ち方③

最後の3つ目は、実際の単語を打ってみると分かりやすいです。

  • バッタは「BATTA」
  • 発見は「HAKKEN」
  • 活気は「KAKKI」

小さい「つ」にしたい後の子音(しいん)(KやSなど)を重ねてやれば、小さい「つ」が現れます。

後ろの子音を重ねると「っ」が出る

これも法則です。

まとめ

以上が小さい「つ」の打ち方3選でした。初心者向けになるべく優しくご説明させていただきました。他、単語登録で例えば「T」を「っ」と登録しておく、という方法もありますが、あまり好みでないので、ここでは3つの方法にさせてもらいました。

文字入力に関しての記事が複数ございます。こちらもぜひとも併せてご覧いただければと存じます。

当ブログのパソコン関連記事はこちらです!

当ブログの文字入力に関してのまとめページがこちらです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!