MENU
本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
このコンテンツには広告を含む場合があります。

わたしの幸せな結婚がアニメ化される程、美世と清霞の物語が愛される3つの理由

目次

「わたしの幸せな結婚」は、小説として始まり、映画され、7月にはアニメ化もひかえている、とても愛されている作品です。

この記事では、「わたしの幸せな結婚」が
アニメ化されるほどの人気を誇る理由
3つ考察してみたいと思います。

一言で言えば、

小説、映画が好調で大人気だから、アニメ化もされる

に尽きると思いますが、この記事では、より深く考察してみたいと思います。

「わたしの幸せな結婚」のアニメ公式サイトはこちら。映画の公式サイトはこちら。当ブログの「わたしの幸せな結婚」関連記事がこちらです。併せてご覧ください。

「わたしの幸せな結婚」が愛される理由①リアルな描写

この物語の魅力の一つは、登場人物たちのリアルな描写です。主人公美世の喜びや悲しみ、成長や困難など、美世と清霞の喜怒哀楽がとても生々しく描かれています。自分の経験と照らし合わせながら物語に入ることができます。

たった1人を伴侶にする過程において訪れる様々な困難。気持ちの困難。周りの人間関係の困難。自分ではどうしようもない不可抗力の困難。さまざまなことが、リアルに細かい感情表現も含めて描かれています。

「わたしの幸せな結婚」が愛される理由②「結婚」という普遍的なテーマ

また、この「わたしの幸せな結婚」は「結婚」という誰もが考える一般的なテーマを扱っています。

結婚は多くの人々にとって人生の重要な節目ですが、幸せな結婚を築くことは容易なことではありません。さまざまな問題や試練、結婚生活の本質や絆の大切さを大切にしています。

「わた婚」は、結婚における喜びや苦しみ、努力や理解の重要性を再認識することができます。たった1人の人を愛するために訪れる試練の数々も、物語を彩っています。

「わたしの幸せな結婚」が愛される理由③「セリフ」が魅力的

さらに、物語のメッセージ、酌み交わされる言葉(台詞)は希望に満ちています。結婚における希望と喜びを見出すことができます。このポジティブなエネルギーは、私たちに勇気と感動を与えてくれます。

最初はぎこちなかった美世と清霞が、だんだん仲を深めていく中で、魅力的なセリフがバンバン出てきます。

まとめ

最後に、「わたしの幸せな結婚」は、美しいストーリーテリングと緻密な描写によって魅了されます。

原作者の顎木(あぎとぎ)あくみ先生や映画監督、スタッフたちの支えによって、登場人物たちの感情や状況が明るく表現されています。

小説も映画も好調だからアニメ化される、一言で言えばそうですが、より理由に関して考察をしてみました。

読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!