MENU
本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
このコンテンツには広告を含む場合があります。

アニメ「わたしの幸せな結婚」第6話の予告と展望は?清霞が殴り込みに!?

目次


Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

アニメ「わたしの幸せな結婚」も大人気の中で放送されています。毎週水曜日の夜が楽しみでならない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、
第6話(2023年8月9日放送分)の予告と展望を
お伝えします。

アニメ「わたしの幸せな結婚」第6話の予告と展望

公式Twitter(X)からの投稿より

7秒の動画とともに、第6話「決意と雷鳴」が紹介されています。

美世はどこに連れ去られてしまった?

前回の5話では、美世が何者かに連れ去られてしまいました。

美世が連れ去られて、送られた先は、斎森家の蔵の中でした。これは、美世が幼い頃に閉じ込められた因縁の蔵でした。

美世が目を覚ましたら、斎森家の蔵の中。両手足を縛られて監禁です。

そこで待っていたのは、美世の継母の香乃子と異母妹の香耶でした。

執拗に美世を痛めつけて、美世に「清霞との縁談を断れ」と強制的に迫ります。なぜ、美世がやっと幸せを掴みかけたところに、この斎森家の面々はさらに美世に仕打ちを。ほんとにいやな奴らです。

美世の居場所は幸次が清霞に教えた

美世が痛めつけられている間、清霞も気が気でなりません。婚約者の行方がわからなくなってしまったのですから。そんなときに、香耶の婚約者で美世の理解者でもある辰石幸次が清霞に助けを求めます。自分だけでは、美世を助けられないと。

清霞と幸次は斎森家へ行き、清霞は異能を使いまくって雷鳴をとどろかせます。怒りの雷鳴とでも言いましょうか。

美世は、香乃子と香耶に「初めての抵抗」をした

自ら縁談を断れと迫る香乃子と香耶に対して、ずっと抵抗できずにいた美世でしたが、この脅しに屈せず、嫌です。清霞の婚約者でいたいです、と「初めての抵抗」をします。

これは、美世は立派だったと思います。助けがくる保障もなくて、抵抗しても痛めつけられることが目に見えているのに。まさにこれが美世の「決意」でした。

鬼の形相の清霞が美世を救い出す

清霞が美世を救い出すために、蔵にどなりこんでいきます。ここは、もう清霞は鬼の形相。

自分の方が清霞の婚約者にふさわしい、というわけのわからない理屈でまくし立てる香耶には、冷徹な言葉で一蹴しました。ここは、爽快なシーンです。この時のセリフを書いた記事がこちらです!

まとめ

アニメ「わたしの幸せな結婚」の第6話の展望をお伝えしました。「決意と雷鳴」というタイトルの回です。清霞がカッコよく美世を助ける姿を拝めることができそうです。

全13話前後だと思うので、中盤になってきて、盛り上がってくるところの展開ですね。それぞれのキャラクターが立ってきて、1つ1つの出来事に対してのそれぞれの行動、発言、展開が面白くなってくるころです。

これからも、アニメ「わたしの幸せな結婚」を楽しみにしています。

わたしの幸せな結婚、アニメ公式サイトはこちら。映画公式サイトはこちら
当ブログのわたしの幸せな結婚関連記事がこちらです。併せてご覧下さい。

また、当ブログの「わたしの幸せな結婚」のまとめページがこちらです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!