MENU
本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
このコンテンツには広告を含む場合があります。

わたしの幸せな結婚:アニメ放送範囲の予想と原作漫画の巻数・話数について

目次

2023年の夏アニメとして放送される『わたしの幸せな結婚』 。本記事では、アニメの放送範囲の予想と原作漫画に該当する巻数・話数について考察します。

私の幸せな結婚のアニメはどこまで?

まずは『わたしの幸せな結婚』がアニメ化される範囲について考えていきます。アニメでタイトルを回収する必要があるため、予想では「婚約」までの放送が考えられます。

原作では美世の壮絶な過去や2人の惹かれあいが丁寧に描かれていますが、1クールで放送する際には展開が遅いと視聴率に影響する可能性があるため、キーとなるシーンを描きながら「婚約」までを放送するのがベストだと思います。

2023年の夏アニメとして放送される『わたしの幸せな結婚』。原作ファンとしては、このアニメがどこまで原作漫画をカバーするか、予想では、アニメは1クールで放送される可能性が高いと考えています 。1クールとは、約12~13話の放送期間となります。この短い期間内で物語を展開させるため、アニメ制作側は重要なエピソードやキャラクターの成長をうまく取り入れる必要があります。7/26放送が第4話でした。


『わたしの幸せな結婚』のアニメでは、物語が「婚約」まで描かれるのではないかと予想します。 美世と清霞が正式に婚約するエピソードが、1クールのクライマックスとして描かれる可能性が高いでしょう。

原作美世の壮絶な過去ではや2人の成長が丁寧に描かれていますが、アニメでは時間の余裕があるため、必然的に一部のエピソードは省略される可能性はあります。しかし、キーとなるシーンや感動のエピソードはしっかりとアニメ化されることでしょう。

アニメ『わたしの幸せな結婚』は 、原作ファンにとって待ち遠しい作品となっております。アニメの放送範囲についての正式な情報は放送開始後に不利になりますが、原作の魅力を大切にしつつ、新たな感動を届けてくれることを期待していますです。

原作漫画の何巻/何話まで?

アニメが放送される前に原作漫画をみたい方もいるでしょう。アニメ化される範囲についての目安をお伝えします。

最新の原作漫画は「4 巻」まで発売されていますが、1クールで放送する場合は「3巻」までの内容が描かれると予想されます。アニメ化にはストックが少ないため、1クールのみの放送と考えられます。

原作漫画3巻「17話/婚約」までと考える

第17話では、実家・斎森家による大事件と美世と清霞の婚約が描かれています。壮絶な過去を乗り越え、2人が結ばれるクライマックスとなっています。ハッピーエンドが描かれるため、1クールとして放送するのにぴったりです。

アニメ『わたしの幸せな結婚』が放送されるあたり、原作漫画の何巻までがアニメ化されるのか、気になるここでは、原作漫画の該当する巻数と話数について解説します。

原作漫画3巻には「第17話/婚約」 が物語がクライマックスを迎え、美世と清霞の壮絶な過去と成長が描かれる重要なエピソードです。

また、原作漫画ではさらに物語が進展し、小説版や実写映画では描かれていない部分もあります。アニメ化される範囲が第3巻「婚約」で終わってしまうため、ファンは映像で描かれるエピソードに期待を寄せることでしょう。アニメ『わたしの幸せな結婚』の放送範囲が第3巻までとなる場合でも、原作漫画や小説版では続物語の展開があることを忘れずに、楽しみにしていただければと思います。

【わたしの幸せな結婚】アニメの放送範囲についてまとめ

まとめとして、アニメの放送範囲について再確認しましょう。

アニメの放送範囲の考察 :

  • 1クールで「美世と清霞が正式に婚約するところ」まで
  • 原作漫画のストックが少ないため1クールのみの放送
  • 原作漫画3巻「17話/婚約」まで

こうした予想になっています。

わたしの幸せな結婚、アニメ公式サイトはこちら。映画公式サイトはこちら
当ブログのわたしの幸せな結婚関連記事がこちらです。併せてご覧下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!