MENU
本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
このコンテンツには広告を含む場合があります。

映画「わたしの幸せな結婚」の実写はひどいの?そう言われる5つの理由

目次


Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

今回の記事では、人気作品「わたしの幸せな結婚」の実写化について、
公開前後の評価やひどいと言われる5つの理由
について詳しくご紹介します。

この実写化の映画は2023年3月17日に公開され、わずか24日間で興行収入21億円を突破しています。

映画「わたしの幸せな結婚」の実写はひどいの?そう言われる5つの理由

理由1: キャスティング

ジャニーズを起用したことが一つの理由です。主人公の久堂清霞役を演じるのはSnowManのメンバー目黒蓮さん。ジャニーズの起用に対しては賛否両論ありますが、目黒蓮さんの演技力が評価されている一方で、原作のファンからはキャスティングに疑問の声も上がっています。

ジャニーズの人気メンバーである彼を起用したことで、一部の原作ファンからは漫画の世界観との相違を感じる声が上がりました。しかし、一方で目黒蓮さんの演技力は評価され、新しい魅力を持ち込んだと考えるファンもいます。キャスティングによって作品がどのような変化を遂げたのか、観客の反応が分かれる一点となりました。

理由2: イメージ

実写化によってキャストのイメージが原作と異なるという点が挙げられます。特に主人公の清霞やヒロインの美桜に対して、漫画とは違う印象を受ける人がいます。

原作ファンは、自分なりにキャラクターの姿を想像していたため、実写化でそのイメージが乖離したことに戸惑いや不満を感じたケースもあります。一方で、新しいキャストによって新たな魅力が加わったと感じる人もいるでしょう。

理由3: 世界観

「わたしの幸せな結婚」は不思議な力を持つ主人公たちという独特の世界観が特徴的な作品です。しかし、実写化においてはこの不思議な力や世界観を表現するのが難しいという意見があります。

特にCGの使用や設定の変更によって、原作ファンからは世界観のズレを感じる声が出たことが一因です。原作のファンにとっては、物語の雰囲気や重要な要素が実写化によってどのように変化したのか、その点に注目が集まりました。

理由4: 主人公

実写化において主人公が漫画とは異なるキャラクターになったことも、物語の評価に影響を与えました。 原作では美世が主人公であるのに対して、実写化では主人公が清霞となっています。

この主人公の入れ替わりによって、物語の流れや捉え方が変わると感じるファンもいます。

理由5: 実写化

実写化そのものが原因として挙げられることもあります。原作ファンにとっては、自分なりの世界観やキャストイメージがあるため、実写化でそれが一つの統一されたイメージになることに戸惑いを感じることもあるでしょう。

公開前後の評価や理由については意見が分かれていますが、興行収入の成功(約27億円)や目黒蓮さんの演技力には賞賛の声も多く寄せられています。

まとめ(わたしの幸せな結婚、映画がひどいと言われる5つの理由)

映画がひどいと言われる理由について、述べてみました。実写化ではありがちな、イメージと違うという批判ですね。いくらジャニーズタレントを使っても不満に感じる人は一定数います。

わたしの幸せな結婚、アニメ公式サイトはこちら。映画公式サイトはこちら
当ブログのわたしの幸せな結婚関連記事がこちらです。併せてご覧下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!