MENU
本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
このコンテンツには広告を含む場合があります。

私の幸せな結婚の映画とアニメと小説とコミックの違いは?映画はひどかった?

目次


Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

7/5からアニメ放送がスタートした「わたしの幸せな結婚」です。

この記事では、「わたしの幸せな結婚」の
映画、アニメ、小説、コミックの違いについてお伝えします。

私の幸せな結婚の映画とアニメと小説とコミックの違いは?

媒体が変われば、伝え方が変わります

「わたしの幸せな結婚」は、もともとは「なろう小説」からの作品です。そこから、コミック、映画、アニメさらには舞台化へと展開しています。すごいですよね。

それぞれの違いは細かいところでしょう。

例えば、アニメ第1話において、小説とコミックにあった、辰石幸次が美世にお菓子を差し入れるシーンがアニメでは省略されていました。

幸次と美世が雑談をする意味では、端折(はしょ)ってほしくなかったシーンでした。

小説・コミックと映画はけっこう違う

原作小説・コミックと映画はけっこう違うところがありました。どうしても、実写の映像化という部分で、反映できない限界もあるのでしょう。

映画では、斎森家が火事になるシーンは強いインパクトが残る映像でした。アニメでは、どの程度の重要度で描かれるのでしょうか。

映画は清霞が主人公

また、もっとも違う部分は、劇場版は久堂清霞が主人公であるという点です。小説は、もともとシンデレラストーリーというということだったので、当然美世よりの視点です。それが、映画は目黒漣さんが演じた久堂清霞目線での展開でした。

映画が「ひどい」という感想が多かった理由

さらに、映画版は、一定数の人が「ひどい」という感想を持ちました。久堂清霞が美しくない、と。もっと清霞は美しいはずだ!と。小説からコミックで高坂りとさんの描く2人が美しすぎて、みんなが美化しすぎたのではないかと。

まとめ

同じ「わたしの幸せな結婚」という作品でも、媒体が変わるといろいろな部分が変わります。それぞれの良さがあるので、特徴を生かすかたちでそれぞれの良い状態のものをみたいものですね!

7月から始まったアニメに、映画版のディスク(Blu-rayとDVD)の発売など、これからもわたしの幸せな結婚関連で、みる人を大いに楽しませてくれそうです。

わた婚、アニメ公式サイトはこちら。映画公式サイトはこちら
当ブログのわたしの幸せな結婚関連記事がこちらです。併せてご覧下さい。

また、当ブログの「わたしの幸せな結婚」のまとめページがこちらです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!