MENU
本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
このコンテンツには広告を含む場合があります。

【怪獣8号】と神社・聖地巡礼!龍寧神社と浅草寺と秋葉原と他どこ?

目次


Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

この記事では、「怪獣8号」における神社、ファンの聖地巡礼について述べさせていただきます。

【怪獣8号】と神社。ファンの聖地巡礼は?

龍寧神社

『怪獣8号』は、日本を舞台に繰り広げられるバトルマンガで、その中には現実の地名や場所が登場することが特徴です。最近の話題として、第66話では主人公カフカが英霊の眠る地、龍寧神社でのシーンがございました。

訪れたカフカにみえたものは…

漫画のシーンでは、主人公カフカが神社で幻の剣士?怪獣の亡霊?をみています。やはり、神社仏閣には特別な力や魂が宿るのでしょう。

カフカが「もっている」人であることの証明のようです。これで、カフカも怪獣討伐への思いをあらたにした重要なシーンでした。

ファンの聖地巡礼

『怪獣8号』の聖地巡礼は、ファンにとって特別な体験です。作中で名前が挙がる地名や、アニメ・マンガのシーンに登場する場所を訪れることで、物語との一体感を深めることができます。

例えば、横浜、相模原、浅草・雷門、神田川、そして渋谷は、作中の重要な舞台として登場し、ファンにとって訪れる価値のある場所となっています​​。(↓の画像をご確認ください)

『怪獣8号』の舞台は日本なので、日本に馴染みの深い都市などが多く登場します。ただ、怪獣とのバトルで街は破壊されていきますけど(笑)

聖地巡礼の箇所を3枚ご紹介

浅草寺(雷門)

もろに浅草寺ですね!

秋葉原

これも分かりやすいところです。万世橋からみた神田川の画です。

渋谷のスクランブル交差点

キコルさんがデーンと立っているところが、まさにスクランブル交差点です。

怪獣大国日本をあまり荒らさないでいただきたいものですが、作中の聖地に行ってみるというのも、なかなかに趣のあることだと思います。最近では、スラムダンクの聖地巡礼に海外からも殺到しているとか。

まとめ

『怪獣8号』では、カフカが防衛隊から「怪獣8号」と呼ばれる存在になり、怪獣討伐を担う物語が描かれています。この漫画は、怪獣が日常を侵していく世界を舞台にしており、主人公の成長や仲間たちとの絆、そして戦いの中での挑戦が描かれています​​。

ファンにとって、聖地巡礼は作品への愛を深め、作中の世界観を現実のものとして体験する貴重な機会を提供します。『怪獣8号』の舞台となる場所を訪れることで、物語の背景にある文化や歴史をより深く理解することができるでしょう。

「怪獣8号」アニメ公式ページがこちらです!

「怪獣8号」関連記事がこちらです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!