MENU
本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
このコンテンツには広告を含む場合があります。

「薬屋のひとりごと」猫猫(マオマオ)の正体と両親、小指が曲がっている理由を探る!

目次

今回は「薬屋のひとりごと」の主人公、猫猫(マオマオ)にフォーカスを当てたいと思います。この記事では、猫猫の正体、両親についての謎、そして彼女の小指が曲がっている理由について詳しく解説していきます。

薬屋のひとりごと:猫猫(マオマオ)の正体は何か?

猫猫(マオマオ)は、この物語の主人公であり、多くの謎に包まれた存在です。17歳とは思えない薬学の知識と人一倍の好奇心、正義感で、事件や謎を次々と解決しています。さて、彼女の正体について探っていきましょう。

猫猫の特技と興味

猫猫は薬や毒に特に興味を持っており、そのため左腕には無数の傷跡があります。これは彼女が自らの身体で薬や毒の効果を試すためです。

猫猫の出生と育てられた環境

猫猫は養父の羅門(ルォメン)に育てられ、花街で生活していました。文字の読み書きもできる彼女は、花街では珍しい存在です。羅門(ルォメン)から薬学の知識を教えてもらって、猫猫は薬学に強くなりました。

薬屋のひとりごと:猫猫の両親、羅漢と鳳仙について

猫猫が孤児だと思われていましたが、実は両親ともに生きています。それでは、彼女の両親について詳しく見ていきましょう。

父親・羅漢(ラカン)の正体

猫猫の父親は羅漢(ラカン)、一流の軍師です。彼は鳳仙(フォンシェン)という妓女と出会い、その後の運命が変わりました。

母親・鳳仙(フォンシェン)の正体

猫猫の母親は元祇女の鳳仙(フォンシェン)。碁が強く、花街で一番の美女とされています。軍部で負け知らずだった羅漢と碁を差したのが最初の2人の出会いでした。

薬屋のひとりごと:猫猫の小指が曲がっている理由

猫猫の小指が曲がっているという事実は、薬屋のひとりごとのファンであれば気になるところです。その理由は何なのでしょうか?

鳳仙(フォンシェン)の執念

羅漢は鳳仙の客として、猫猫を妊娠します。そこで、しばらく会えない日々が続き、半年で戻るという手紙を送ったのに、実際は3年も待たされます。

そこで、鳳仙は猫猫の指を第一間接まで切り、自分の指も切って、羅漢へ送りつけるという行動に出ます。

「ゆびきり」の呪い

この「ゆびきり」の呪いで、羅漢に送り付ける、本気度を示した鳳仙でした。それで、第一関節まで切れた猫猫の指は、再生して曲がっているというわけです。

まとめ

猫猫(マオマオ)は確かに神秘的な存在ですが、この記事を通じて彼女とその家族、そして小指の謎について少しだけ明かされたことでしょう。これからも「薬屋のひとりごと」の猫猫とその周囲の人々が織り成す物語に注目していきたいと思います。

「薬屋のひとりごと」公式アニメサイトはこちら

当ブログの「薬屋のひとりごと」関連記事はこちら。まとめページはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!