目からウロコのパソコン便利技7選~パート3~今スグ仕事などに役に立ちます!~

目次

目からウロコのパソコン便利技、今回はパート3になります!

おかげさまで、パート1、パート2ともに多くの方に読んでいただいております!

パート1がこちらです!パート2がこちらです!

今回もすぐに役に立つ技を7つご紹介いたします!

目からウロコのパソコン便利技~パート3~①~⑦

パート3 ①罫線は薄くする

Excel(エクセル)で表を作ることがある方は多いと思います。表を作って印刷して出力するときに、罫線ってどうしていますか?

普通に実線と太線にしてるよー!

そんな方に!

普通の線は薄い線、太い線は実線をおすすめします!

理由は、罫線に文字が負けてしまうからです!罫線を薄い線と実線にすることで、文字の太さがバランスよく印字されます。

左が実線+太線 右が実線+極細線(右をおすすめ)
こちらの画像の方がわかりやすいかもですね!

パート3 ②2画面にして効率よく作業する

ロゴキー+矢印キーで今の画面を矢印方向にずらすことができます!

これを利用すると、画面上に上下もしくは左右に2画面で作業をすることが可能になります!

ロゴキー

このWindowsロゴキーとプラスしてできる操作を頭に入れておくと便利です!

特に入力するときなどに、別のファイルを参照する必要があると思います。

そのときに左右に並べて表示できると、作業がスムーズです!

パート3 ③CTRL+Fで探す

ページ内で、探したい単語を含む記述を探す場合に使える技です!

ウェブページでも、文書内でも可です!

時間短縮できます!パソコンに探してもらいましょー!

パート3 ④名前のスペースを一気に削除する

エクセルファイルの住所録などで、名前が「山田_太郎」「山田_太郎」など半角スペース、全角スペースになているときがあります。

こういうときに一気にスペースを削除して「山田太郎」にできる技です!

単純です。置換で「スペース」を選んで「スペースなし」に置換すればOKです!

検索をスペース 置換を何もなし にしてスペースを消します!

パート3 ⑤数値に単位をつける

エクセルで、セルに数値だけ表示されているときがあります。

これに単位をつけて表示したいときの技です!

500→500円にしたい場合

①単位をつけたいセルを選ぶ

②セルの書式設定を表示

③表示形式を選ぶ

④ユーザー定義

⑤もとの表示に「円」を付けたい場合は”円”として”で囲む

⑥OK

これで「500」という表示だったものが「500円」と表示されるようになります

3→質量3kgにしたい場合

ユーザー定義で 前に ”質量” 後ろに ”kg” を付けます

パート3 ⑥単語登録を活用する

よく使う単語や定型の文などをオリジナル単語として登録して、入力を楽にすることができます!

例えば、

「おつか」で「お疲れ様です」

「おれ」で「自分の本名」

「じゅうしょ」で「自分の住所」

など使い方次第で、入力時間の短縮が可能です!

いんた で インターネットと表示する場合

応用として、自分の仕事のメールの挨拶文などを

「いつおせ」で「○○社の山田です。いつもお世話になっております。」

と単語登録しておくと、定型文でミスタイプもなく、時短ができます!

単語登録について詳しく書いた記事がこちらになります!あわせてご覧ください。

パート3 ⑦署名設定をしよう

メールの最後に住所、氏名、連絡先などが定型で入るように設定している人がいます。

これが署名設定です!一度登録しておくと、送信するメールのおしりに付けてくれる便利者です!

outolookメールの場合

Outlookでの署名の設定方法

1.「挿入」タブを開き、タブ内にある「署名」をクリックする
2.署名タブをクリックすると「署名とひな形」というダイアログボックスが開かれるので、「新規作成」をクリック
3.署名に登録したい名前を入力して「OK」をクリック

メールソフトによって仕様は異なりますが、検索で署名などと調べたら出てくるはずです。

ひながた

署名設定を自分のオリジナルにしようと思って、記号などを駆使して自作する必要はありません!

雛型(ひながた)が無料で落ちています!例えば、こちらのサイトです!好きな署名の見え方を選んで、自分の情報に打ち換えたらOKです!

まとめ

目からウロコのパソコン便利技 その3をお届けしました!けっこう実践的なものが多かったと思います!

せっかくのPCライフやパソコン操作です。時間を節約して、サクッと処理してしまいましょう!

シンプルにスマートに楽しく。あなたのパソコンライフが少しでも彩ってくれたら、本望であります。

よかったらシェアしてね!