私の幸せな結婚、帝の堯人(たかいひと)とは何者?帝位を継ぐ人?

目次


Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(581) : eval()'d code on line 28

Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(581) : eval()'d code on line 28

満を持して、わたしの幸せな結婚のアニメ放送がスタートしました。

この記事では、わたしの幸せな結婚に出てくる、
帝と帝の息子である堯人(たかいひと)さまについて
掘り下げてみます。

私の幸せな結婚、帝の堯人(たかいひと)とは何者?帝位を継ぐ人?

堯人(たかいひと)さまは、帝位を継ぐ人

堯人(たかいひと)さまとは、帝の次男で帝の後を継ぐことが決定している皇子です。主人公の清霞とは幼馴染で、清霞を慕っています。

「おぬし婚約したらしいな、ようやく」と軽くジャブを打って、清霞も「またか」と少しうんざりしている様子。あの冷酷無慈悲な清霞にもついに春がきたか、という友達、幼馴染心とでもいいましょうか。

「ただ、おぬしの婚約者、これからいろいろ大変だろう」という意味深な発言もされました。

清霞は「心に留めておきます」とすべてを話さない堯人さまの発言を意味をかみしめました。

映画のキャストは大西流星(なにわ男子)さん

堯人(たかいひと):大西流星(なにわ男子)

大西流星くんは、バラエティ番組などでは弟キャラ、かわいいキャラに見えますが、映画では厳かなキャラクターを見事に演じました。ジャニーズタレントって、やっぱり素質があるのですね!

堯人(たかいひと)さまが、清霞に何の用?

そんな位の高い人が、ただの軍人幹部に何の用事?という疑問が生じます。

これは、帝の体調が思わしくない中で、帝が死者も出る事態が起こる、という予言をして、そのよくない事態に備えておく必要があるということを、清霞一味の3人(大海渡・久堂・辰石)に話した、といった主旨でした。

オクツキの封が破られた、気をつけよ。これは戦いになる。
死者も出る、という予言=天啓(てんけい)でした。

この天啓という異能が、皇室特有の異能であって、政治を司る皇室では、天啓を使って民を守ってきた歴史があるといいます。

おぬしの婚約者、いろいろ大変の意味は?

堯人さまが清霞にぽっと言った、おぬしの婚約者=美世、いろいろ大変の意味は、なんでしょうか?これは、美世の持つ異能(夢見の力)の威力の凄さ、その異能を持つ婚約者を迎えるという覚悟の部分を言ったのでしょう。

清霞は、この時点では、まだ美世の持つ異能について、はっきりと認識していません。この堯人さまの言葉を通じて、美世の持つ異能についての理解を少し深めたかたちです。

まとめ

堯人さまについて、キャラクターや映画のキャスト、登場シーンをお伝えしました。

国を治める帝を継ぐ立場にあるお方です。当然、「わたしの幸せな結婚」という物語においても、大きな影響力のある人物となります。

わたしの幸せな結婚、アニメ公式サイトはこちら。映画公式サイトはこちら
当ブログのわたしの幸せな結婚関連記事がこちらです。併せてご覧下さい。

よかったらシェアしてね!