MENU
本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
このコンテンツには広告を含む場合があります。

私の幸せな結婚、美世と清霞の年齢は?読み方は?名前の由来は?

目次


Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

7/5からアニメ放送がスタートした「わたしの幸せな結婚」です。

この記事では、「わたしの幸せな結婚」の主人公
斎森美世と久堂清霞の年齢、読み方、名前の由来
についてご紹介します。

私の幸せな結婚、美世と清霞の年齢は?読み方は?名前の由来は?

まず、結論から。美世は19歳。清霞は27歳です(作品当初)。

現代では女性の19歳は、高校を卒業して2年目になる歳で、まだまだこれから人生を楽しんでいく準備をする時期だと思います。ただ、この作品の時代(明治大正時代頃)では、19歳で未婚というのは遅いくらいでした。

この時代では、「行かず後家」とか、バツイチは「出戻り」とか、そういった差別用語もありました。現代でも汚い言葉としては残っています。

また、清霞の27歳というのも、男性の結婚適齢期です、この時代では。現代では、男性の27歳は結婚には少し若いか、良い人がいたら結婚しても○な歳だと思います。

清霞は、冷酷無慈悲な性格で、受け入れる婚約者が全然長く続かないことで有名な人でした。理由は、高名な家なのに、質素な暮らしをしているところのギャップや、清霞とそりが合わないといったところでしょう。

つまり、2人とも結婚するにはちょうどよい頃合いだったということです。これは、最初の設定段階で決めたことでしょう。8歳年上の頼れる旦那さま、それを支える奥さま、素敵な2人になっていけそうな期待感が持てます。

美世と清霞の読み方は?命名の由来は?

読み方は、斎森美世(さいもりみよ)と久堂清霞(くどうきよか)です。

作者の顎木あくみ先生は、キャラクターの名前については、

命名の由来は特になくて、キャラに合いそうな感じと響きと字でなんとなくつけてます

と以前にツイートしておられます。

https://twitter.com/akm_ag/status/1671875836767789056?s=20

「清霞の字のチョイスは結構イケてるとちょくちょく自画自賛してる」ってかわいいですね!この清霞っていう字は字面綺麗です。書くのは大変そうだから、実用的ではなさそうですけど。

まとめ

「わたしの幸せな結婚」の主人公の2人、斎森美世と久堂清霞の年齢や名前の由来について書かせていただきました。作者の顎木あくみ先生自らが語っている名前の由来です。

作品の登場人物の名前の付け方って、作者によってバラツキがありそうですね!自分で生み出すストーリーの人物だから、いろいろ思い入れもありそうです。

わたしの幸せな結婚、アニメ公式サイトはこちら。映画公式サイトはこちら
当ブログのわたしの幸せな結婚関連記事がこちらです。併せてご覧下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!