MENU
本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
このコンテンツには広告を含む場合があります。

【怪獣8号】が面白いのは最初だけ?つまらない・つまらなくなった理由5選

目次


Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

集英社のWebマンガサービス「ジャンプ+」で連載中で、2024年4月開始のアニメ化も決定している「怪獣8号」です。一般的には、面白いとされるからこその連載、アニメ化でしょう。

この記事では、高評価の中でも、最初だけ面白い、つまらない、つまらなくなった、という声を拾ってみたいと思います。結論からすると、少数派の意見ですが、反対意見を知ることで、より作品への理解、愛が生まれることを期待しています。

「怪獣8号」は好きだけど
つまらないという意見もちょっと知りたいかも?
という方が楽しめる記事です。

「怪獣8号」が最初だけ面白いと言われる理由5つ

最初だけ面白い、つまらない、つまらなくなった理由は大きく5つあると考察します。

1.最初だけが面白い
2.設定が王道過ぎる、エヴァのパクリ!?
3.敵が少なくてマンネリ化、怪獣9号の行動が謎
4.主人公の身バレ、正体バレのタイミングが早すぎ
5.主人公のカフカが年下好きの32歳おじさん、キモい?

1.最初だけが面白い

舞台は、怪獣が普通にいる世界です。怪獣を倒す「正式な隊員」になることを夢に持っていた少年が、32歳になって怪獣と戦いのあとにする「清掃員」として登場するところから始まります。

初期設定から、なかなかに掴みはOKという感じで、怪獣と戦っていく、またちょいキモおじさんが夢を取り戻す話で期待します。最初の1,2巻が面白い、という意見。

2.設定が王道過ぎる、エヴァや進撃の巨人のパクリ!?

舞台や設定が王道過ぎだという声もあります。一世を風靡した「エヴァンゲリオン」や「進撃の巨人」などの大きな敵に立ち向かう系のストーリーです。オリジナリティには少し欠けるのかもしれませんね。

「鬼滅の刃」と「呪術廻戦」との比較

最近大人気の「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」は、今までにない設定がウケた例です。

「鬼滅の刃」は、首を斬らないと死なない鬼が敵で、大ボスの鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)は、超難敵。鬼狩りという職業?も出てきて、主人公の妹を人間に戻すこと、無惨を倒すという明確な目標がありました。

「呪術廻戦」は、「呪術」という新しい概念で、多くの強敵と戦っていくストーリー。これも新しい切り口で一世を風靡しています。

一方、怪獣8号では、王道のSF格闘系。設定の枠組み上、大きく殻を破れない構造です。とはいえ、ただ大きな敵に向かっていくだけでなく、人間模様もいろいろで楽しめる面もあると思います。

3.敵が少なくてマンネリ化、怪獣9号の行動が謎

また、怪獣8号では最終的なボスが4巻頃までは「怪獣9号」でした。結局倒してしまうんでしょ、的な。また、SFっぽい設定ながらも、マンネリは否めず、結局バトルだけしているという展開です。

怪獣が出てきたら倒す、また次が出てきて倒す、という感じです。ただ、そんな中でも怪獣の数が増えていって、怪獣9号が言葉を話し、学習能力を持って戦いに挑んでいくところとかは、十分オリジナリティが出ているかと思います。

4.主人公の身バレ、正体バレのタイミングが早すぎ

主人公の正体がバレるまでの展開が面白かったという意見があります。これがコミック4巻です。

ここで、正体がバレてしまってからは、もう敵と戦うだけのバトル漫画になってしまったのかも。

この4巻までの発行部数の勢いが凄くて、電子書籍版も含めた数字ですが、4巻発売時に、「ジャンプ+」史上最速で400万部を突破しています。そこからは、失速しているという見方をする人が一定数いるのが事実です。

5.主人公のカフカが年下好きの32歳おじさん、キモい?

最後に5つ目は、主人公のキャラクターです。正規の隊員を目指す32歳のおじさんは、5歳年下のエース隊員に憧れていました。ちょいロリ?

また、物語の途中では一回り年下の女の子に好意を寄せます。ちょっと年下好きというのが、32歳という生々しい年齢もあってキモいのでは?という声があります。

まとめ

1.最初だけが面白い
2.設定が王道過ぎる、エヴァのパクリ!?
3.敵が少なくてマンネリ化、怪獣9号の行動が謎
4.主人公の身バレ、正体バレのタイミングが早すぎ
5.主人公のカフカが年下好きの32歳おじさん、キモい?

以上5点が、「怪獣8号」が最初だけ面白い、つまらないと言われる理由です。

ただ、この作品は「ジャンプ+」では毎話100万PVを超える人気作品です。海外市場でも、特にフランスでは1巻が25万部も売れています。これは、相当に凄い記録です。日本での呪術廻戦1,2巻の売上を足した数字です。

また、アニメ化もされるということで、散々けなしておきながらではありますが。マンネリと言いつつも、読者の意見も取り入れていきながら、軌道修正もされているようですので、あたたかく見守っていきましょう。

アニメも非常に楽しみですし、新しい展開にも期待しています。

「怪獣8号」関連記事がこちらです!

怪獣8号のアニメ公式サイトがこちらです!

これまでのアニメ系のページがこちら⇒(わたしの幸せな結婚薬屋のひとりごと

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!