目からウロコのパソコン便利技7選~今スグ仕事などに役に立ちます!~

目次

パソコン操作に慣れていても、案外知らないことが多いものです。常にパソコンを使う仕事をしている私が、これを知っていたら便利!というパソコンの小技を紹介します。目からウロコのパソコン操作の便利技7選です。

ワード、エクセル2級の私が
パソコンの便利技7選をお届けします!

パソコンの操作は我流になりがちなので、無駄な作業を知らないうちにしているものです。この記事の小技、裏技的なものを知る事で、作業の効率化が図れます!今から使える便利技のご紹介です!

目からうろこのパソコン便利技その2の記事がこちらです!

PC便利技①「「CTRL+HOME」で文書を見やすくしよう!」

ワード文書でもエクセル、パワーポイントでも文書を作成して、いざ保存するときカーソルの位置を気にせず保存していませんか?

カーソルが適当な位置にあると、他の人がそのファイルを使うときに、ページの途中から見るようになり不便です!

ファイルを保存するときは 「CTRL+HOME」 でカーソルを左上にもっていきましょう!

「CTRL(コントロール)」と「HOME(ホーム)」を同時に押します。

アクティブなセルの左上にカーソルがいきますので、必ずしも文書の文頭にはなりませんが、文書の左上にあると、見やすくなります

複数シートのあるExcel文書では、

各シートに 「CTRL+HOME」 をしておくとユーザー目線です!

これは、知っておくとすぐに実践できる便利技です。

パソコンに慣れている人でも、習慣付けていない人は多いと思います。

また、エクセルの大きな表を編集しているときにページの頭に移動したいときも、「CTRL+HOME」が便利です!

PC便利技②「小さい【ぁ】の打ち方を知っておこう!」

小さい【ぁ】の打ち方を知っておくと便利です!(ローマ字入力の場合)

「フミリー」「ウークエンド」の「ァ」と「ィ」部分です。

「A」「I」「U」「E」「O」の前に「L」または「X」を付けます

母音の前に「L」か「X」を付けるだけという手軽さ!

その他に

ヴィーナス」は「VI-NASU」

フォーマット」は「FO-MATTO」

ジャーナル」は「JA-NARU」または「JYA-NARU」

でOKです。

PC便利技③「便利なショートカットキー14選」

  1. CTRL+Z⇒元に戻す
  2. CTRL+Y⇒やり直し
  3. CTRL+P⇒ページを印刷(PはPRINTのP
  4. CTRL+C⇒選択をコピー(CはCOPYのC
  5. CTRL+V⇒貼り付け
  6. CTRL+;⇒日付を表示(Excel)
  7. CTRL+:⇒時刻を表示(Excel)
  8. CTRL+*⇒セルを含む大きな表を選択する(Excel)
  9. CTRL+SHIFT+矢印⇒表の最後のセルまでの範囲を選択(Excel)
  10. CTRL+E⇒フラッシュフィル(Excel)規則性に基づいたデータを返す
  11. Home⇒カーソルを行頭に移動
  12. End⇒カーソルを行末に移動
  13. Pgup⇒カーソルを数行飛ばしで上に動かす
  14. Pgdn⇒カーソルを数行飛ばしで下に動かす

主だったものはこのくらいです。

右クリック+ドラッグなどで手数が多かったりすると時間がかかるので、ショートカットキーを積極的に使いましょう!

個人的によく使用するのは、1のCTRL+Zの「元に戻す」です。WordやExcelで矢印マークをクリックしている人はいませんか?これは、このショートカットキーで時間短縮です!

9の CTRL+SHIFT+矢印⇒表の最後のセルまでの範囲を選択(Excel)も、駆使するとExcel上手になれます!未だにドラッグして表選択されてませんか?「くいっ!くいっ!」と一気にいっちゃいましょう!

PC便利技④「素早くカタカナやアルファベットに変換する」

F6:平仮名にする
F7:全角カタカナにする
F8:半角カタカナにする
F9:全角アルファベットにする
F10:半角アルファベットにする

「F」はファンクションキーで、キーボードの上部にある「F1」~「F12」までのボタンです。

F7はよく使います!

「ぱそこんの」でF7を1回⇒「パソコンノ」⇒さらにF7を1回⇒「パソコン」となることも覚えていて損はないです。

PC便利技⑤「グラフを一発で作成する」(Excel)

グラフにしたいセルを選択して、「F11」キーを押します。

グラフシートが挿入され、縦棒グラフが作成されます。表が整っている場合に有効です。

PC便利技⑥「5つの検索方法を駆使しよう」

YahooでもGoogleでも検索することが多い昨今です。

以下の5つの検索方法を活用して、知りたい情報にたどり着く精度を高めましょう!

【その1】AND検索

探す目的のキーワードをスペースで区切って複数指定する

いつもの方法ですね!

Excel 関数 使い方

【その2】マイナス検索

検索結果から除外したいキーワードの前に「-」(マイナスの記号)を指定します

Excel -関数

【その3】フレーズ検索(完全一致検索)

知りたい目的のキーワードを「”」で囲みます

”VLOOKUP関数の使い方”

【その4】OR検索

目的のキーワードを「OR」ではさんで指定します。英語のORです。

例えば「斎藤」と「齋藤」「斉藤」を含めたいときなどに便利です。

ガラケー OR フィーチャーフォン

【その5】「とは」検索

キーワードの最後に「とは」を指定します。

Wikipedia(ウィキペディア)や辞書サイトなど用語の意味や定義を確認したい場合に有効です。

ビットコインとは

PC便利技⑦「Excelで串差し入力しよう」

Excelでは、複数のシートを選択して同じ内容のデータを入力することができます

串差し入力です!同じフォーマットのシートに有効です。

まとめ

これらのコツは、同僚などに連携して、一定の評価を得ています。

こうした面白い機能は、知っていくと楽しくなっていくはずです。

コツを使って、普段の作業に取り入れてみてください。確実にパソコン操作がスピードアップしていきます。

こちらのブログでは、こうした勉強法などについてお知らせしております。

*今回の記事は、一部のサイトを参考にさせていただきました。

こちら、なかなか好評な記事でしたので、その2がございます⇒こちらです!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする