MENU
本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
このコンテンツには広告を含む場合があります。

【怪獣8号】作者松本直也先生による伏線回収、裏設定の秘密の話

目次


Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

Warning: Undefined array key 2 in /home/xs752199/jikokensan.com/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(582) : eval()'d code on line 28

『怪獣8号』の作者・松本直也先生は、作品に関するインタビューやコメントをいくつか発表されています。その中で、伏線や裏設定について触れられているものがありますので、ご紹介します。

【怪獣8号】作者松本直也先生による伏線回収、裏設定の秘密の話

「怪獣8号」は特撮ヒーローものに影響を受けている

『怪獣8号』は、松本先生が小学生の頃に見た『ウルトラマン』や『仮面ライダー』などの特撮ヒーロー番組に影響を受けて作られた作品です1。松本先生は、怪獣やヒーローのデザインや設定にこだわりを持っており、自分の好きなものを詰め込んだ作品だと語っています。

主人公日比野カフカの設定に関して

『怪獣8号』の主人公・日比野カフカは、松本先生の過去の作品『ポチクロ』の主人公・クロに似ているという指摘がありますが、松本先生はこれについて「クロとカフカは同じ系統のキャラクターだと思います。どちらも自分の中にある理想のヒーロー像を表しています」とコメントしています。

32歳の冴えない男性が主人公という点はどうでしょうかね。ご自身に少し置き換えている部分もあるのでしょうか。

登場人物の名前はどう決まっている?

『怪獣8号』の登場人物の名前は、松本先生が好きなものや関連性のあるものから付けられています。例えば、カフカの名前は、松本先生が好きな作家・フランツ・カフカから取られています。

また、カフカの幼馴染である亜白ミナの名前は、松本先生が好きなアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物・綾波レイの声優・林原めぐみの別名義・亜白美奈から取られています。

漫画家あるあるでしょうね。作品の登場人物の付け方は、それぞれの個性が表れます。

怪獣の設定はどう決まった?

『怪獣8号』の怪獣の設定は、松本先生が独自に考えたものですが、一部は実在の生物や物質からヒントを得ています。例えば、怪獣8号の力を奪おうとする怪獣9号は、松本先生が「怪獣の中でも特に強い存在」として考えたもので、その能力は「ミトコンドリアのように他の生物のエネルギーを吸収する」というものです。

また、怪獣8号の体内に侵入した謎の生物は、松本先生が「怪獣の起源」として考えたもので、その形状は「ナノマシンのように小さくて複雑な構造を持つ」というものです。

ナノマシン

まとめ

以上が、『怪獣8号』の作者・松本直也先生が語る伏線や裏設定の一部です。作品の背景がわかると、より作品を楽しめるようになりますね!

もっと詳しく知りたい方は、松本先生のインタビューやコメントをご覧ください。また、作品の展開にも注目していきましょう!

「怪獣8号」アニメ公式ページがこちらです!

「怪獣8号」関連記事がこちらです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!